タイ プロパティ・パーフェクト(PF)

商業不動産開発プロパティ・パーフェクト(PF)CEOの Chainid Ngowsirimanee氏は住宅不動産以外にも商業不動産開発用のため不動産会社が購入を増やしています。
ただし既に広い不動産を確保するのは難しいとみています。

プルックサーリアルエステイト(PS)社のPrasert Taedullayasatit氏は住宅購入者は新規不動産を購入する場合、毎年5%から10%高くなると予測しています。
住宅価格も毎年上昇していて建設コストの増加も背景にあるとしています。
そのコストには土地価格、建設資材、エネルギー、人件費などになります。

プロパティ・パーフェクト(PF)の2013年度の第1四半期業績は売上では24億6800万バーツでした。純利益では8300万バーツでした。

タイの不動産価格は大量輸送交通機関の近くの価格は20%を超える上昇率が続いています。土地公示価格部門でも見直しを続けていくとしています。

英字紙のThe Nation調査では過去3年で増加率は100%を越えているとしています。
例を挙げるとラムイントラ通りRam Indra Roadからラップラオ通りLad Phrao Roadまでは2010年度は1ワーBt50,000-Bt60,000だったのが現在は2013年度は1ワーBt100,000 から Bt120,000 まで伸びています。
トンロー地区周辺では5年前1ワー70万バーツだったのが現在 130万バーツになっています。

センチュリー21Century 21 (Thailand)では駅近くの土地価格は100%増加しています。
スクンビット通りSukhumvit Road では1ワーあたり150万バーツになるとしています。
※プロンポン駅でも2004年くらいまでは40万バーツレベルだったのが
120万から150万バーツとなっています。

アソーク通りAsoke Roadでは1ワーあたり160万バーツとなっています。
こちらの価格は5年前の倍になっています。