タイの保険業界を調べる5

タイ損害保険市場のマーケットシェア 2011年末時点の上位5社
「OIC タイ保険協会発表」 「初年度加入保険」

Viriyah  ヴィリヤ損害保険     217億B(15.6%)    
Dhipaya ティパヤ損害保険     140億B(10.0%)
BKI   バンコク損害保険     101億B(7.2%)
Sinmankong シンマンコン損害保険   68億B(4.8%)
MTI  ムアンタイ損害保険    53億B(3.8%)
Safety  セーフティ損害保険   51億B(3.6%)
LMC LMC損害保険  48億B(3.4%)
Tanachart タナチャート損害保険   46億B(3.3%)
Tokyo 東京海上スリムアン    42億B(3.0%)
Mitsui 三井住友海上保険     36億B(2.5%) 

<< Viriyah ヴィリヤ損害保険 未上場>>

ヴィリヤ損害保険Viriyah Insurance は未上場ながらタイの自動車損害保険1位の企業。
1947年に設立され、Prapai Viriyahbhun氏がAsiatic Distribution Co., Ltdとしてスタートする。
火災保険、海上保険で事業開始するが、1981年から自動車保険、物流保険へ参入。
60年以上のノウハウとタイの損害保険マーケットの大手として18年以上自動車損害保険マーケット・トップを維持している。
2009年度は15%のマーケットシェア。

http://www.viriyah.co.th/

2009年度の売上では 176億2600万バーツ (410億円規模) であった。    

<< Dhipaya ティパヤ損害保険>>

DHIPAYA INSURANCE ティパヤ損害保険(TIP)は損害保険大手企業。
1996年にタイ証券取引所へ上場。1951年にH.E. Field Marshal Sarit氏によって設立された。

現在の株主には国営のクルンタイ銀行(KTB)や政府貯蓄銀行(GSB)などが並ぶ。
2010年度の売上 38億4900万バーツ(114億円規模) 
純利益 5億7200万バーツ(17億円規模)である。

http://www.dhipaya.co.th/

自動車損害保険プレミアム額は16億8600万バーツ。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。