タイ スターバックス

タイのスターバックスではタイランドとインドネシア産のコーヒー豆を利用して各国の農家から購入しています。
各農家とは長期契約をすることで豆の品質と管理を徹底していて50,000人以上住むメーホンソン、チェンライ、チェンマイの北部県エリアからArabica コーヒー豆を調達しています。

タイでのスターバックス第1号店はアメリカ人、欧米人が多く住むランスアン地区通りからスタートしていて1杯あたり10バーツが農家のコミュニティへの支援のお金として、保健、教育、若者の支援などに回されるとしています。

スターバックスのカフェの金額はバンコクでも日本と変わらずカフェラテの金額が130バーツ以上します。この金額は競合True Coffeeでは90から100バーツ台。
駅前での販売カフェ店が40から50バーツ台。
セブンイレブン内で販売するカフェが30から40バーツ台。
道で販売されているカフェは20バーツ台と大きく分かれますが、同社ではCSRを含めた
金額として社会貢献に役立つ仕組み作りを始めているとコメントしています。

Starbucks Thailandでは現在エコやCSRを強調しているモデル店舗を5つ展開していて、Crystal Design Centre (silver), MegaBangna, Ban Chat Intra、 Rama III 、Porto Chino (gold)などを展開しています。