タイの財閥 その11&12アーピコハイテック(AH) ソンブーン・アドバンステクノロジー(SAT)

アーピコハイテック(AH)はトヨタ、いすゞ、マツダ、GM、フォードなど
自動車メーカーの自動車部品ジグ、ダイス、ボディフレームなどを生産。

日本商社の双日がAHへ出資している。
Aapico 社は1985年に、タイで15年も操業を続けていた部品・冶具・金型メーカーである
Auto Parts Industries Co.(APICO)の設備を受け継ぐ形で設立された企業。
マレーシア人のYeap Swee Chuan氏が購入し、社名も Aapico Hitech Public Co., Ltd(AH)を社名変更した。
顧客はホンダやトヨタなど日系企業である。
2012年度の売上は過去最高171億バーツ(500億円規模)となっている。

また、ソンブーンアドバンスド・テクノロジー(SAT)社は自動車部品である
アクセルシャフト、ジョイントベアリング、リーフスプリング、ブレーキディスク、ブレーキドラム
などを製造しOEM供給する企業。
創業者は Somboon Kitaphanich氏で2013年現在は2代目の Yongkiat Kitaphanich氏
が代表取締役となっている。2012年度の売上は96億バーツ。
エカマイ駅前のゲートウェイエカマイ内にある日本食レストラン『旬の舞』などの経営も行っている。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。