タイへフットボール各有名チームが訪問

サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナはアジアツアーの一環として、
タイを訪問します。
バルセロナは専用機でバンコクへ到着後、ラチャマンガラ国立競技場で
タイ代表チームと親善試合を行います。
2013年度は欧州の有名サッカーチームが続々とタイを訪問。
背景には高騰するTV放映権をもとにして、潜在的なファンの獲得拡大を狙い
有名チームの誘致をさらに進めようとするスポンサー、放映局の意図があります。

イングランド・プレミアリーグのクラブ、リバプールは7月、アジアツアーの一環で
ラチャマンガラ国立競技場でタイ代表チームと親善試合を行いました。
イングランド・プレミアリーグのクラブ、チェルシーも同じく7月 アジアツアーの
一環でタイにて親善試合をおこなっています。
イングランド・プレミアリーグの強豪、マンチェスター・ユナイテッドは6月
ラチャマンガラ国立競技場で、タイプレミアリーグの各有名選手をそろえたチーム
「シンハ・オールスター」で親善試合をおこなっています。