タイの政治 交通渋滞

タイでは頻繁に自動車事故が発生しています。オンヌット地区の警察署前には
毎日のように自動車が大破した残骸がさらされていて、
見事に真っ二つになった車両や、おそらくドライバーは生きていないだろうと
思われるくらいグチャグチャになってしまった車両を見ることができます。

タイの交通事故発生率が発表されています。
バンコク市内ワースト10でタイの交通警察司令部は、最も高い場所から、
1位 ペッブリー通りのアソーク‐ペッブリー交差点 高架橋もありますが
渋滞のメッカエリアです。
2位 パヤタイ立体交差 こちらも道路の幅が広いですが大渋滞エリア。
3位 スクンビット通り沿い24 エンポリアム前で一気に渡ろうとする車が多いです。
4位以下は

4位 ラップラオ通りソイ101
5位 ラマ2世通りセントラルラマ2世前
6位 ラートクラバンのケーハ・ロムクラオ通り
7位 オンヌット通り(スクンビット77)
8位 スウィタウォング通り
9位 ラマ9世通り
10位 ナワミン通り  などとなっています。大半は渋滞が長く三叉に
なっていたり交差点の渋滞エリアで事故が発生しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。