インドネシアの税率

インドネシアのインターネット·サービス·プロバイダー協会(APJII)では、
現在課税があいまいになっているインターネットオンラインショップへ向けた
課税に関してSamuel “Sammy” Abrijani会長が早期に結論を出すとコメント
しています。
多くのオンラインショップでは課税取締りが出来ていない、
付加価値税Value added tax (VAT)をオンライン各取引に課税するべきと
しています。
一方で財務省のFuad Rahmany氏はオンラインでの課税計画はあるものの、
具体化はまだ進んでいないとしています。

インドネシアの付加価値税PPN(Pajak Penambahan Nilai=VAT)は
10%で、タイの7%より高い税率です。また事業者側は
PPNの申告書を毎月提出することが義務化されています。
売上PPNが多い場合は毎月納税、購入PPNが多い場合は年度末に還付請求、
または翌事業年度に繰越し、のどちらかを選択できます。

また、タイと異なりインドネシアでは多くの商品やサービスが課税の
対象外となっています。
原油やガスなどの資源、米、精肉、卵、牛乳、野菜、果物、大豆など、
多くの国民基本必需品には付加価値税がかかりません。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。