タイ政治 タイ経済統計

東南アジア各国の株式市場の下落と、通貨の下落が発生しています。
2週間前まで10,000円=3,000バーツ台だったのが
一気に10,000円=3,200バーツ後半まで下落しています。

タイのキティラット副首相兼財務相は、今回の世界経済鈍化におけるバーツ相場の
下落は逆にタイの輸出関連企業には良い傾向であるとコメントを出しています。
2013年7月~9月期のGDP成長率は良い方向へ向かうと期待しています。
タイの財務省では2013年通年の成長率は+4.0%─+4.5%を予想しています。

タイ証券取引所株式市場も大きく下落していて
今週 アメリカ合衆国がシリアに対して軍事攻撃に出るとの見方が強まる中で、
東南アジア株式各市場でも下落が大きくなっています。
2013年8月、年初からの下落でもっとも下落したのはフィリピン証券取引所(PSX)
総合指数のー14%下落。
インドネシア証券取引所(IDX)ジャカルタ総合指数はー13%下落。
タイ証券取引所SET総合指数はー10%の下落となっています。