ミャンマー ゼガバー

ミャンマーの財閥のゼガバーZaykabar社は1978年設立で不動産開発事業、
(工業団地、ゴルフ場、高級マンション、リゾートホテル、住宅開発)を中心に
ミャンマー建設事業大手企業で タバコ事業、天然ゴム事業なども展開しています。

ミャンマー国内では国際基準を満たしたホテル数は少なく、
外国企業出張者などを対象にした高級ホテルの宿泊代はますます高騰しています。
今後はシンガポールのシャングリラ(Shangri-La)社が5つ星ホテルなどを建設中。
Max Myanmar社とノボテル社も5つ星ホテルを共同で建設。
ゼガバー社も複合住宅施設・高級マンションを建設中としています。

またゴルフ場としてRoyal Mingalardonゴルフコース、280エーカー、
21ホールゴルフコースをミンガラドンガーデンシティ内に建設しています。
2008年はZaykabar社では25階建てのPyay Gardenコンドミニアムを建設。
ホテルではMya Yeik Nyo Royal Hotelを開業しています。
2010年からガソリン小売事業も開始。
様々な事業形態で展開を進めています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。