タイ アナンダ・デベロップメント(ANANDA)

三井不動産レジデンシャルは、タイとインドネシアで分譲住宅事業に参入する
ことを発表しています。
既にタイでコンドミニアム開発などを手掛けているアナンダ・グループとの
合弁事業Ananda MF Asia(資本金9億バーツ)を立ち上げ、中間層が成長している
東南アジア住宅不動産市場へ参入します。

Mitsui Fudosan Residential社はタイ証券取引所上場企業アナンダ・グループ
(ANAD)社とラマ4世通りにて65億バーツを投じてコンドミニアム「IDEO Q Rama4」
を開発します。
42階建ての高層マンションで1875戸数を準備します。
場所はMRTサムヤーン駅近くでプレセールは第4半期に開始します。
一戸あたりの販売スタート価格Bt289万バーツとしています。

同社ではアセアン経済共同体(AEC)の誕生と経済拡大が続くことを予想していて
タイランドへも参入します。シンガポールではすでに40年前から進出していますが
インドネシアやマレーシア、タイランドには2013年から参入します。
同社CEOのKiyotaka Fujibayashi氏は2013年に100億バーツ以上を投じて
3カ国の住宅不動産と戸建て住宅に参入する計画です。

アナンダ・デベロップメントAnanda Development(ANDA)の2013年度
上半期の業績は売上でBt19億バーツで純利益ではマイナスのBt9130万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。