タイ サイアムセメント(SCC)

王室系のセメント・複合事業のSIAM CEMENT GROUP(SCC)ではBt124億バーツを
投資してセメント事業を展開するためミャンマーへの事業計画を発表しています。
同社CEOのKan Trakulhoon氏はセメント事業としてミャンマーの外国人投資法
の許認可を得たとしていて2016年度半ばからの事業開始を予定していると
コメント。
年産で180万トンのセメントをモーラミャインで生産していきます。

同工場では40MW級の火力発電も備えており将来的な事業拡張にも
対応できるとしています。ミャンマーでのセメント市場は2012年度
でおよそ400万トンとされていて年間10%の伸びを継続すると見込まれています。
実際に2012年度SCCはミャンマー国内へ170万トンを輸出しています。

Kan氏は今回の投資は巨額な投資であり、セメント、建設、建設資材事業は
どのアセアン各国でも今後さらに必要になるとしています。
将来的にはカンボジア、インドネシアでも工場建設を検討するとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。