タイ政府

経済問題担当の副首相のKittiratt Na-Ranong氏は
2012年度の輸出金額はおよそ15%の成長を目指せると発表しています。

タイ経済がこのまま成長を続ける前提で、タイ国内消費力も上昇していて
家電、自動車、HDDなどの生産もすでに洪水前レベルまで回復しています。

一方でヨーロッパの債務危機問題から金利は低い水準で保たれているため
バーツよりも他国通貨を買う動きが出て 輸出が大きく伸びるだろうとしています。

2012年度のGDP成長率は+5.7%であり、+5.5%から上方修正しています。
国内消費と民間投資は継続的に伸びると見ていて、さらには
インフラへ巨額投資を進める「メガ・プロジェクト」も再計画が予定されています。

このプランでは3500億バーツを投資して
洪水管理の事業、産業振興、バンコク郊外インフラ整備、大量輸送機関の新設などが
予定されています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。