タイ 農業

タイ産マンゴーは2012年度およそ10億バーツ規模を輸出できるとタイ農業
マンゴー促進協会代表のManop Kaewwongnukul氏がコメントしています。

また殺虫剤なども極力控えていて日本が認可しているmethomyl なども
使用していて世界中のマーケットで認可されている薬品のみを利用します。

年間48,000トンのマンゴーがおよそ10億バーツで輸出される計画で
日本へは1300トンが完熟マンゴーとして3000トンがドライマンゴー
として輸出されています。

果物生産・輸出大手のCP Diamondstar Co,社では殺虫剤のmethomyl
メソミルは残留しにくい薬品であると主張しています。