インドネシア ジャサ・マルガ(JASA)

インドネシアの高速道路を管理/運営する国営企業ジャサ・マルガ
PT Jasa Marga(JASA)ではジャカルタ首都圏、ジャワ中央、東ジャワなどで
新しい有料道路を5つ開設する計画です。

ジャサ・マルガの代表取締役Adityawarman氏がコメントしています。
2012年末時点で9つの有料道路を開発中で2013年内に完成する道路が
Nusa Dua-Ngurah Rai-Benoa 高速道路(バリ島)10kmで、
2013年10月のエイペックAsia-Pacific Economic Cooperation (APEC)
サミットまでには開通できるとしています。現在の進捗状況は74%です。

Kebon Jeruk-Ciledug道路7.8kmはJakartaアウターリング道路(JORR)で
Kebon Jeruk地区とUlujami地区を結びます。
進捗状況は60%になっています。
その他ではUngaran-Bawean 道路12kmSemarang-Solo道路へつながる道路の
進捗状況が62%、Gempol-Pandaan道路13.6km なども年内建設完了出来ると
しています。

Jasa Marga社は現在545キロメートルを管理していて、インドネシア国内の73%の
有料道路を管理しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。