インドネシア インドフーズ(ICBP)

アサヒグループホールディングスはシンガポールの子会社が
インドネシアのPT.Indofood CBP Sukses Makumur TBK(ICBP)と
合弁のインドネシアで清涼飲料の製造及び販売を行う企業を設立し
インドネシア市場へ進出します。

インドネシアのインドフーズ社はインドネシア市場で最大の食品企業で、
ICBP社は2011年度にインドネシア証券取引所(IDX) ジャカルタ市場に
新規上場しています。

インドネシアの清涼飲料市場は、およそ4000億円で、過去5年間に平均で
約15%増で拡大しています。
コーラ系の炭酸飲料、ポカリスウェットなどの健康飲料は普及していますが
緑茶飲料、紅茶飲料などはこれからになります。

設立する製造合弁会社の出資比率は、アサヒ側51%、ICBP社側が49%となります。
また販社ではアサヒ側49%、ICBP側51%になります。

アサヒは、2011年にマレーシア証券取引所(BURSA)の上場会社ペルマニス社買収
により、東南アジアで事業を開始しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。