タイ 不動産開発スクンビット地区

各不動産会社ではスクンビット地区のナナ駅~トンロー駅までのエリアが今後
ますます住宅開発が進み競争激化になるだろうとしています。
2010年度から10000戸数以上の住宅が販売されています。

しかしながらこのエリアは狭く、開発不動産も限られていることから各不動会社
も苦戦しています。
最近ではSukhumvit 39の地区は1ワー150万バーツで取引されました。

購入した企業はSCアセットマネジメント(SC)でインラック・シナワトラ首相が
代表取締役を勤めていた企業です。

SCアセット社では今後もスクンビット地区のコンドミニアム需要は伸びていくこと
が予想されていてアセアン経済共同体の誕生後はアセアンの他企業も参入するだろう
と予測しています。

SCアセット社が展開するブランド
The Crest Sukhumvit 34 総工費22億バーツ、265戸数、ですでに50%が販売済みです。
販売単価は1平米16万バーツになっています。
シンガポールでもロードショーを行い、シンガポールの投資家が多数購入したとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。