タイ イチタン・グループ IPO

タイの緑茶大手イチタン・グループIchitan Groupでは現在の株式の23%を
売却予定で、タイ証券取引所への上場によって2つの飲料工場を新設予定です。
IPO価格は1株1バーツを検討しています。
IPO調達資金で負債返却と新工場建設をおこない、さらに緑茶市場を拡大していくと
CEOのTan Passakornnatee氏がコメントしています。

アジアプラス証券(ASP)のCEOであるKongkiat Opaswongkarn氏はイチタン社の
証券コードは”ICHI”と決定し、知名度も高いので投資家に受け入れられやすい
だろうとコメントしています。
イチタン社の90%ちかい従業員が同社の株式を保有していてストックオプションの
行使により従業員利益も計れるとコメントしています。

同社の2013年度の業績は上半期で売上は前年同期比+145%増のBt37億5000万バーツ
で純利益では+638%増のBt5億4100万バーツでした。
緑茶市場マーケットシェアは44%であるとしています。
また茶葉飲料の市場は2013年度は前年比+25%増加の130億バーツになると見込んでいます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。