タイ カンタナ・グループ(未上場)

映画産業、娯楽産業が成長しているアセアン市場で、同地域でタイにおける
エンターテイメント配給会社カンタナ・グループKantana Group(未上場)では
映画産業ビジネスの拡大を目指すとしています。
2014年度の売り上げ目標はBt11億バーツとして映画シネママネジメントを
展開します。
デジタル技術を活かしていくとJareuk Kaljareuk会長がコメントしています。

また今後増加するであろう3D映画向けにグラフィックデザイナーの人材も増やす
計画です。
ベトナム事業のKantana Post Production (Vietnam)ではより市場シェアを
拡大していくとし、2014年度の売上は3600万バーツを目指します。

またタイ国内では小型シネマコンプレックスの開発を手掛けていて、バンコク郊外
の住宅街などの100平方メートルの敷地に進出して映画のチケット代を一般の
メジャーシネプレックス系映画館(MAJOR)より安く設定することで市場を成長
させていくとしています。