タイ イタリアンタイデベロップメント(ITD)

タイのゼネコン最大手のイタリアンタイ/デベロップメント
Italian-Thai Development Plc(ITD) では仮にミャンマー政府との交渉が
不調になってしまった場合、防衛策を検討するとコメントを出しています。
同プロジェクトは巨大貿易港を開発するプロジェクトですが、資金面や
参加する企業の選定などで動きが進んでいないのが現状となっています。

イタリアンタイも出資するDawei Development Co(DDC)はタイエネルギー省の
大臣Pongsak Raktapongpaisal氏がミャンマー政府がこの契約を終了させる
動きを見せていることを警戒しているとコメントしています。
同大臣はスペシャルタスクフォースとして東ミャンマー開発をミッションとして
ミャンマー政府と交渉しています。
また2014年度の早い時期に国際入札を実施するよう求めています。
タイ政府/ミャンマー政府ではダウェイに関して合同調整委員会Joint Coordinating
Committeeでの財務アドバイザーを求めていてITDの契約状況も確認しているとしています。

イタリアンタイ(ITD)はミャンマー政府よりダウェイ地区の75年間の開発権利を
2010年度から勝ち取ったことを発表。
しかしながら事業が進展せずの状態が続いています。