インドネシア セメン・インドネシア(SMGR)

インドネシア証券取引所(IDX)上場のセメント最大手セメン・インドネシア
Semen Indonesia(SMGR)では新しいパッケージング生産工場を2013年
第4四半期から開業します。
場所は南カリマンタン島で投資額は1200億ルピアとなります。

同社はこの地区のセメント需要成長と地域の供給に大きく役立つことを
期待しています。
工場建設進捗は90%に達していて 操業開始後は2,200袋/1時間の生産、
年間60万トンのパッケージを生産可能でこの後その袋輸送コストは軽減される
としています。
2013年年初、同社は3つのパッケージ工場を東カリマンタン島、南カリマンタン島、
西カリマンタン島の3カ所へ建設することを発表していました。

インドネシアのセメント協会Indonesian Cement Association(ASI)では
カリマンタン島では2013年度は景気が良く、2013年1月~8月までで276万トン。
前年同期比+7%増加しています。
ASIではスマトラ島で+1.8%増、スラウェシ島では+4.7%増、マルク、パプアでは
+0.1%増になっています。