インドネシア発電公社

インドネシア国営の発電公社(PLN)はさらに2,090MWの供給をおこなえると
発表しています。
インドネシア発電公社PT Perusahaan Listrik Negara(PLN)では
2013年末までに2,090MWの電力供給を行えると発表。
目標であった10,000 MWの発電が可能になると見込んでいます。

PLN代表取締役Nur Pamudji氏は発電容量増加の第1次プログラムは2006年発表され
当時5,707MWだった発電力を引き上げる方針に下に進められてきました。
最低でも6つの発電所が稼働予定でさらに13の発電所も追加稼働出来る見通しです。
順調にいけば13,074 MWの発電を可能とします。

また完成に満たない発電所15カ所は2014年度に開始されれば1,882MWとなる見込みです。