ミャンマー 2013年度GDP成長率

世界銀行が発表した報告書「ミャンマー経済モニター」で、
2012~2013会計年度のミャンマーの実質GDP成長率は
2011~2012年度の+5.9%を上回り、推定+6.5%に達したと発表しています。
天然ガス生産やインフラ整備向けの建設、外国直接投資、農業物輸出などが好調で
引き続き伸びると予測しています。

ミャンマーではティラワ工業団地の起工式が11月末に開催される予定です。
第1期造成工事は2015年に完了する計画です。
ティラワ工業団地はミャンマーの都市ヤンゴンから23Kmになっています。
ミャンマー側51%、日本側49%を出資している開発企業で
三菱商事、住友商事、丸紅が資本参加していて200億円規模の円借款を
供与し電力、港湾、道路インフラの整備を進めていく計画です。