タイの化粧品販売

日本の薬局チェーン店で有名なマツモトキヨシ・ホールディングスは、
タイの大型流通セントラル・グループとタイでのヘルス・ビューティ事業で
協業することを発表しています。
セントラルグループの中核企業セントラル・フード・リテール社と事業展開に
おける基本合意書を締結したとしています。

タイのセントラル・グループはセントラル・リテールマーケティング社(CRM)が
様々な欧米化粧品を扱っていることに加えタイで中間所得層が拡大し
女性の消費動向が多様化し購買意欲が強まっていることが今後のヘルス・ビューティ
事業の成長を後押しするとしています。

タイでは既にツルハ・ホールディングスがタイの消費財財閥であるサハ・グループと
提携を発表。
タイ・バンコクを中心にしてチョンブリ県シラチャーなどにも店舗展開。
進出済みです。