タイ 不動産

プラチャーチューン地区は今後レッドライン、パープルラインの完成に伴い、
400億バーツ規模のプロジェクトが生まれるとしています。
プラチャーンクル交差点では多数のコンドミニアムが開発され10,000戸数以上の
住宅が供給される見通しです。
合計400億バーツに上るとしています。

大量輸送機関鉄道レッドラインはバンスー駅からタリンチャン駅までのラインで
2016年に完成する予定です。
一方でパープルラインはバンスー駅~バンヤイ駅までで完全な完成は2020年と
しています。

上記のコンドミニアムは一戸130万バーツ~500万バーツで、多くが高層型の
コンドミニアムになります。
不動産開発中堅のスパライ(SPALI)では43億バーツを掛けて
”Supalai Veranda Prachachun”を建設。
1,705戸数、26の商業用スペースを開発します。
同業のパーフェクト・プロパティ(PF)ではBt42億バーツを掛けて
”Metro Sky Prachachun”1,356戸数を建設。1戸あたりBt190万バーツと
しています。

未上場のGrand Unity Development社は33億バーツを掛けて4つの
コンドミニアム計画を発表しています。

セナ・デベロップメント(SEAN)では”The Niche Mono Ratchavibha”を発表。
Bt20億バーツを掛けて840戸数を供給するとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。