タイの郊外型商業施設

「プロムナード」は、ランド&ハウス系の不動産開発会社サイアム・リテール・
デベロップメントが、既存の商業施設「ファッション・アイランド」隣接地に
開発しました。
ヨーロッパ旧市街をイメージした外観、ロマンチック・カジュアルをコンセプト
とした内装でタイの富裕層~中間層へ訴求し高級感のある商業施設を目指しています。

「新宿さぼてん」のタイ法人は日本のグリーンハウスフーズ社と、地場消費財大手
サハ・パタナピブン・グループの合弁会社プレジデント・グリーンハウスフーズが
運営しています。

「バンコク伊勢丹」「サイアム・パラゴン」「エンポリアム」などのバンコク都心の
高級商業施設への出店スタイルから郊外へ初めて出店しています。

また「丸亀製麺」は、讃岐うどんをタイに売り込み、バンコク都心のスクンビット49
の「レインヒル」店、ラチャダムリ通りの「ビッグCラチャダムリ」店に続く3店舗に
なります。

このほかにも多数の日本食店舗が出店しています。
「モーモーパラダイス」はタイの地場系ノドゥ・フーズとともにフランチャイズ展開しています。
和風スパゲティ「甚右衛門(じんえもん)」、日本料理店「東海」なども入居しています。