タイ バンチャーク石油(BCP)

石油精製・給油所・代替エネルギーのバンチャーク石油(BCP)では2012年6月に
発生した大規模火災の影響でしばらく完全な復旧は難しい状況となっています。
すでに発注引き受け、購入済みとされている石油製品などの納入は親会社の
タイ国営石油(PTT)側から納入するとしていて大きな混乱へはつながらないと
しています。

今後の火災対策にかんしては近隣住民に害が及ばないよう土地を購入したり、
安全面でコンサルタントを雇用するなどをしていきます。

バンチャーク石油(BCP)の2012年第一四半期の業績は
売上で485億0700万バーツで 純利益で24億3800万バーツでした。

株価は一時的に3%ほど下がることがありましたがその後は緩やかに回復しています。