タイ 不動産

タイの不動産関連開発会社ではGreater Bangkok エリア バンコク大都心
エリアでの伸びは改善され3.0%~5.0%まで伸びるだろうとコメントしています。

2011年後半のタイの大洪水後の軽い落ち込みはすでに回復していて
2012年後半からは顕著に伸びるだろうとしています。

英国系不動産リサーチ会社のKnight Frank Chartered (Thailand) Co,では
住宅価格はバンコク郊外でおよそ2%上昇、都心部では4%以上伸びる予測を
出しています。

外部要因のネガティブファクターは ヨーロッパの債務危機問題でその次は
日本の債務の膨張、続いてアメリカの経済回復の鈍化を挙げています。
他には中東イランの混乱、中国の経済成長鈍化を挙げています。

内部要因のネガティブファクターは政治的な対立、インフレショーンを挙げています。
外国人の購入者はこれまでヨーロッパ系も多かったのですが最近は特に
シンガポール、香港、そしてインドの富裕層が購入しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。