タイ国際航空(THAI)

タイのフラッグ・キャリアであるタイ国際航空(THAI)では
子会社ノックエアーNok Air社の国際線拡大の事業計画を破棄したと発表しています。

ノックエアー社はタイ国際航空(THAI)が49%を持っているものの、
経営権はないためにノックエアー経営陣主導でたびたび対立していました。

LCCを越える低価格国際航空路線の実現性を目指すウルトラローコストキャリア
の立ち上げを計画していましたが、ノックエアーCEOのPatee Sarasin氏は計画は
破棄されたことを発表しています。

証券アナリストではこの計画破棄によってタイエアアジアのタイにおけるLCC市場
の独占がさらに進むだろうと予測しています。

タイエアアジアではこれまで営業していたSuvarnabhumi Airportスワンナプーム
国際空港から2012年10月よりDon Mueang Airportドンムアン国際空港での営業を開始します。
これにより空港使用料の削減と搭乗手続きのスピードアップが実現できるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。