フィリピン 中央政策金利

フィリピン中央銀行は金融政策決定会合で、
中央政策金利をマイナス-0.25%引き下げると決めています。
引き下げは2012年度で3回目。 政策金利である翌日物借入金利+3.75%
としています。

アセアン各国で金利を維持、または引き下げに向かっていることもあり、
フィリピンでも消費者物価指数がインフレへ向かっていないこともあり、
金利を緩和し、世界経済の不安に対応しようとしています。

今後アメリカの干ばつの長期化、インドの雨不足が継続すると
一般消費財、食料品への影響、物価上昇リスクが懸念されるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。