タイ チャロンポカパーン(CP)

タイでは基本カジノ・賭け事に関する事業は法律で禁止されていて宝くじなどの
合法的なくじ事業は国家で運営されています。

タイの食品財閥のチャロンポカパーン(CP)グループの代表は不法なカジノ事業の
撲滅と観光業からの正規の収入を狙うためにカジノ事業の正式なタイ事業を目指す
べきとしています。

CPグループのDhanin Chearavanont会長は地下組織のカジノ事業が存在することを
認め、それらを排除し、正規のカジノ事業を運営するべきだとしています。

ラスベガスLas VegasやマカオMacauなどの成功例を基にしてシンガポールも海外
からの観光客からの収入を得るため、カジノビジネスを展開しています。

タイの観光産業は業界別でも大きな収益となっていて、2011年度は7760億バーツ
(2兆円規模)で2006年は4500億バーツでした。