タイの出版業界

Publishers and Booksellers Association of Thailand(PUBAT)
タイ出版販売協会はタイの出版業界は250億バーツの規模でほぼ平年と同額
であったと発表しています。
2013年度はマイナス要因が続き経済低迷と政情不安があったとしています。

PUBAT代表のCharun Hormthienthong氏は2014年度はペーパーコストが
+10%増加、卸売り流通額が+12%増加することで小売価格も+10%値上げされる
と予測しています。
また政情不安が継続されることで出版の売上も伸びないと懸念しています。

またネットによるソーシャルメディアの普及の影響も書籍の役割を奪うとして、
若い層を中心に本離れが進むと予測しています。
低いコストで幅広いネットユーザーへ伝えることが出来るためITに詳しい層を
中心に本では無い情報で代替が進むと見ています。

2013年度の書籍販売額は250億バーツ、当初目標は272億バーツ、前年比10%増
としていました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。