インドネシア発電公社(PLN)

インドネシア発電公社PT Perusahaan Listrik Negara(PLN)では2014年から
ガスの生産量をさらに引き上げるとしています。
2013年度の供給量は410兆British thermal units(TBtu) 、
11億British thermal units per day(BBtud)であったとしています。
2014年度目標は431TBtu、1,200BBtudで前年比+5.7%増を目指します。

公式データではPLN社のガス供給は2012年度365TBtuまたは、1,016BBtudでした。
インドネシア発電公社のガスは主に東ジャワのPeluang ガスフィールドで
生産されていてSantos Indonesia社で運営されています。

インドネシアのエネルギー消費割合は2011年度で石油43.5%、石炭29.7%、
天然ガス23.0%へと変化しています。
石油から石炭への転換が徐々に進んできています。