タイの政治

2月2日に行われた総選挙においてタイの都県全77都県の投票会場
約94,000所のうち、反タクシン元首相派の民主党の地盤バンコクと
タイ南部を中心とする18県の投票会場13,000カ所で
民主党主導の反政府デモ隊による妨害で投票が行えなかったと発表しています。
タクシン派の地盤である北部、東北部などおよそ59県の投票会場
83、700カ所では無事投票が行われたとしています。

インラック首相は投票終了後に記者会見しています。
投票所で問題はあったが選挙は問題無かったとのコメントを出しています。

今回も野党第一党民主党は総選挙をボイコットしていて、
インラック政権与党タイ貢献党の幹部は小選挙区(375議席)のうち
260議席は獲得できる見通しであるとしています。