タイ オレンジライン計画承認

タイの国家経済社会開発庁(NESDB)では首都高速鉄道公社の電鉄オレンジライン
の第1期整備計画を承認しています。
同開発庁では総選挙後、新政権に提案する予定です。

オレンジラインはバンコクの西部タリンチャン駅~バンコク東部ミンブリー駅まで
をつなぐ35.4キロになるとしています。
総工費はおよそ1,900億バーツになるとしています。
第1工期はタイカルチャーセンター駅~スィンタウォン駅までで2018年末の開通を
目指すとしています。
タイでは2016年にブルーライン、パープルラインの開通が予定されています。
2014年時点で駅建設まで進んでいて、駅回り周辺の開発も進んでいます。