インドネシア GDP成長率

インドネシア統計局が発2013年第4四半期国内総生産伸び率は前年同期比
+5.7%、第3四半期では宗教上の祝祭と学校の新年度に向けて需要が膨らむ時期
にあたるために第4四半期は消費が鈍るものの、各エコノミスト予測よりはやや
高い数字となりました。

中央銀行側で金融引き締めを進めているにも関わらず、インドネシアの国内消費
が継続して強い状態であるとしています。

また最終的にインドネシアの2013年通年のGDP伸び率は+5.7%と、+6%台を
下回る低成長となりました。
2012年度の通年GDP成長率は+6.23%でした。

インドネシアでは拡大する中間層による旺盛な消費、中国などの大国からの
輸入増で6%~7%台の高成長を実現してきました。

しかし、中国経済の鈍化、アメリカの金融縮小、インフレ抑制に向けて中銀が
積極的な利上げなどでインドネシア通貨の下落、株式市場からの資金流出で
2013年度の低成長を招きました。
2013年度の為替・ルピア通貨は対ドルでマイナス20%以上下落しました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。