タイの砂糖産業

タイ国内の砂糖輸出産業においてタイ砂糖業界協会
Thai Sugar Millers Associationでは世界第3位の輸出国のランキングから
2位へ躍り出る可能性もあるとコメントしています。

世界の砂糖輸出の最大国はブラジル、オーストラリア、タイの順位でしたが
多くの国が域内関税の強化や規制などを進めることでタイの順位が上がる
見通しです。
1992年にAsean Free Trade Area(AFTA)が設定されアセアン域内では砂糖の
関税が2010年までに0~5%になりました。
またラオス、カンボジア、ベトナムは2017年までに0~5%になります。

タイの砂糖45%はアセアン各国へ輸出されます。
2013年度は180万トンをインドネシアへ輸出しています。
またタイの砂糖輸出総額は53億バーツになるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。