タイ エアポートオブタイランド(AOT)

タイの国際空港を管理するエアポートオブタイランドAirports of Thailand
(AOT)では国際空港スワンナプームの第2フェーズプロジェクトのコストを
13億バーツと計算しています。
2014年8月には工事開始の入札を行い完成すれば受け入れ能力は6500万人まで
増加します。
また駐車場受け入れ入り口、出口など含めれば40億バーツ掛かるとしています。

第2フェーズでは主に東側ターミナルを中心に開発されます。
プーケット空港では既に新設チェックインターミナルが完成しています。
およそ800万人が利用可能になります。

2013年年間では8600万人/年間の受け入れが可能になるとしています。
タイの政情不安の影響で第1四半期までは厳しい状況が続くとしています。
スワンナプーム国際空港で前年同期比+0.5%増
ドンムアン国際空港では前年同期比+25%増になっています。
目標値は+3.5%増、27%増でした。
チェンライ空港では前年同期比+15%増になっていてチェンマイ空港でも
+14.5%増になっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。