タイ ソンブーンアドバンステクノロジー(SAT)

タイの自動車部品大手であるソンブーンアドバンス
Somboon Advance Technology(SAT)では2014年度の事業見通しに関して、
まだ自動車業界の完全回復ではなく売上はマイナス5%程度を見込んでいます。
SAT社のマネージャーNattakajorn Yanpirat氏は初回自動車購入政策が
2012年度に終了した影響は多くのタイ人がその期間に購入したためまだ購買意欲
の完全回復は起きていないとしています。
2014年度後半までは待たないと難しいと判断しています。

2013年の売上はおよそ90億バーツと見込んでいて当初予測の95億バーツから減額
しています。
2013年度純利益は2012年度Bt8億1500万バーツからコスト改善され増加を
見込んでいます。
また8億~9億バーツをかけて既存施設への投資を進めます。

また新施設ラインへの投資も進めます。
トラック、自動車のアクセルへのライン投資を行います。

タイの証券大手Maybank Kim Eng証券ではSATのモーター生産事業では
2013年度比-2%になると予測。
2014年度の売上は87億5000万バーツになるとしています。
純利益はBt7億9800万バーツを予測しています。
2012年度は好調で売上96億0000万バーツ、純利益では8億1500万バーツでした。