マレーシア エアアジアX(AAX)

エアアジアエックスAirAsia X Berhad(AAX)はマレーシア証券取引所(BURSA)
の上場、エアアジアの長距離路線を扱うLCC企業でアジア地域を中心に中距離、
長距離路線を担当しています。
2013年末時点で14都市 日本(東京、大阪)、韓国(ソウル)、台湾(台北)
中国(北京、杭州、成都、上海)、ネパール(カトマンズ)
オーストラリア(シドニー、メルボルン、パース、ゴールドコースト)
サウジアラビア(ジェッダ)で運航をしています。

エアバスA330-300s を9機、A340-300を2機、運営管理。
従業員は1024名、2006年に設立。
2013年マレーシア証券取引所(BURSA)にIPOを果たしています。
旧社名はFly Asian Xpress Sdn Bhdで2007年9月ににAirAsia X Berhadへ
社名変更しました。
Aero Ventures Sdn Bhd社も子会社に持っています。