タイ サイアムシティセメント(SCCC)

タイで第2位のセメント企業サイアムシティセメント Siam City Cement
(SCCC)では第2四半期の業績を発表しています。
純利益が前年同期比マイナスの30.5%8億900万バーツ、売上は前年同期比
+12.2%の64億9000万バーツでした。

セメントの販売価格は低く抑えられてしまったもののエネルギーコストが
かさんだ為としています。

セメントの消費量は変わらず上がっていて住宅建設需要、大型インフラ事業の
ニーズから増加しています。
また大量輸送交通機関のブルーライン建設事業、グリーンライン建設事業など
での消費も同社の業績を押し上げる見通しです。

2012年度のセメント消費量は前年比+5~6%増と見ていて
2900万トンレベルになるだろうとしています。

しかし燃料費用、電気費用における生産コストの増加が業績に影響するとしていて
結果2012年上半期の業績は売上でプラス12.3%増加の134億8000万バーツ
純利益でマイナス3.9%減少20億9000万バーツとなっています。