シンガポール DBS銀行(DBS)

シンガポール資産規模1位の金融機関DBS Group HoldingsDBSグループ(DBS)
では第4四半期の純利益を8億200万Sドルであると発表しました。
前期比+6%増でした。
アナリスト予測8億4300万Sドルよりは低い数字でした。

よって2013年の通年では総収入前年比+11%増でSGD 89億3000万Sドル
(7300億円規模)
純利益でSGD 35億Sドル(2800億円規模)でした。
純金利収入は+5%増で55億Sドル、ローンは+18%増の380億Sドルになっています。
総資産は4020億Sドル(32兆円規模)になっています。
2012年末時点で3530億Sドルからこちらも大きく伸びています。

DBS銀行はシンガポールの第1位の銀行で旧銀行名は2003年まではシンガポール
開発銀行(Development Bank of Singapore Limited)でした。
1968年にシンガポール政府により開発に対する融資金融機関として設立されました。
250の支店、30カ国50都市で展開していて本部はシンガポール(収入の62%)、
香港(収入の21%)でもプレゼンスが高い金融機関です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。