タイ ゴールデンランド子会社、11プロジェクト100億バーツの事業を進める

タイの不動産開発中堅ゴールデンランド(GOLD)の子会社
Goldenland Residence Coでは2014年度は政情不安もありつつも不動産開発
事業をさらに1つ増やして11プロジェクト100億バーツの事業を進めていくと
しています。

売上予測は19億バーツを目指すと代表取締役のSanpin Suki氏がコメント
しています。
低中層の住宅には大きな影響は少ないとしています。
特に一戸建てはバンコク郊外になるため影響を受けにくいとしています。

Goldenland社ではまず第1四半期に3つの住宅プロジェクトを34億バーツ掛けて
建設を進めます。
ジェーンワタナー通りに
Golden Avenue Chaengwattana-Tiwanon(13億バーツ418戸数)。
バンナー通りに Golden Village Bangna-Kingkaew(10億バーツ 186戸数)。
ピンクラオ地区に Golden Town Pinklao-Charan(11億バーツ、415戸数)を
進めていきます。

2014年度の目標予約売上(プレセール)は22億バーツ、売上19億バーツになると
見ています。
2012年度の売上では16億1900万バーツ。
純利益では-6億1300万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。