シンガポール オクシリー・ホールディングス(OHL)企業解説

シンガポール証券取引所(SGX)上場のOxley Holdings(OHL)社は2010年創業の
不動産開発、不動産販売企業です。
商業不動産、工業用不動産も併せておこなっていて本社機能はシンガポールです。

第2四半期の業績を発表(6月末決算)売上2億220万Sドル(161億円規模)で
純利益2510万Sドル(20億円規模)、で前年同期比から倍増しています。
背景には開発プロジェクトThe Commerze@Irvingがあります。
また為替差益とも併せて売上も伸びました。

主な開発物件としてKAP Residences / KAP, NEWest, The MidTown,
Devonshire Residences, Loft@Holland, Loft@Stevens, Parc Somme,
Suites@Katong, The Promenade@Pelikat, Oxley BizHub、
Oxley Tower、Robinson Squareなどがあります。
2012年度の通年業績は売上で4億5700万Sドル、純利益では6910万Sドルでした。