ブルサ・マレーシア、サウジアラビア証券取引所と協力基本合意

マレーシア証券取引(BRUSA)を運営するブルサ・マレーシア社はサウジアラビア
証券取引所イスラム金融のクロスボーダー取引の発展に向け、協力することで
基本合意に至ったと発表しています。

サウジアラビア証券取引所(タダウル/Tadawul)はThe Saudi Stock Exchange
は資本市場法(Capital MarketLaw)第20条に基づいて2007年3月に設立されています。

2010年時点で143社が上場しています。
サウジアラビア周辺のアラビア湾を取り囲む国々で湾岸協力会議(GCC)という
経済協力体制を敷いています。
GCC加盟国は、サウジアラビアクウェートアラブ首長国連邦、カタール、バーレーン、
オマーンです。
サウジアラビア証券取引所では、GCC全体の取引高の68%を占めています。

両証券取引所はMOUを結び協力関係・相互協力を進めるとしています。
特にイスラミックファイナンスの部分を協力し合うとしています。