タイ バンチャークペトロニアム(BCP)業績

PTTグループ傘下企業の石油小売り、精製企業バンチャークペトロニアム
Bangchak Petroleum(BCP)では事前予想よりも良く、第4四半期2013年の
純利益でB6億8800万バーツでした。
石油販売価格の下落、利ざやの減少、タイバーツの為替下落の影響で当初は
低い利益予想でした。

2013年通年のBCPの業績は純利益が+8.9%増、B46億5000万バーツでした。
売上に関しては1,865億バーツ、+12.8%増でした。
2012年前年度の売上は1681億バーツ、純利益では42億バーツでした。

2014年度は太陽光発電プラントの運転(フェーズ1、フェーズ2)を開始します。
第2四半期には製油所メンテナンスのための点検で46日間の停止があります。