タイ シーエドュケーション(SE-ED)

2012年度4月の最低賃金引き上げでタイ証券取引所上場企業の
アマリン・ブックセンターAmarin Book Centre(APRINT)
シーエドュケーション(SE-ED)では両社ともに人件費コストが
上がったとしています。

両社では200以上の出版社と取引があり、タイ出版・販売協会
Publishers and Booksellers Association of Thailand (PUBAT)
に加盟している企業がほとんどになります。

翻訳コスト、印刷コスト、製本コストなど全てが上昇しているために
出版物の価格も上がるだろうとコメントしています。
その一方でデジタル書籍かも進んでいて携帯キャリア最大手の
アドバンスドインフォでは会員向けのデジタルブックサービスを
展開済みです。

同様にタイの出版業界でもデジタル化に向けて取り組みを進めていかねば
ならないとしています。

アマリンの2011年度の業績は売上19億1100万バーツで
シーエドュケーションの2011年度の業績は55億6170万バーツでした。