タイ CIMBタイ銀行(CIMBT)

タイにあるCIMBタイ銀行(CIMBT)の親銀行である、マレーシア金融2位の
CIMBグループではアセアン地域での進出拡大を図るためにマレーシア、
シンガポール、インドネシア、タイに続いて5カ国目の進出先をラオスにする
としています。

タイのCIMBタイ銀行を通じて緊密な関係を図るとしています。
CIMBタイのSubhak Siwaraksa頭取はラオスでの展開調査を進めてきたと
しています。

同じようなアセアン後進国のミャンマーとカンボジアと違ってタイとラオスの
関係強化を含めた上で優位性があると判断しました。
1号店支店はビエンチャンに設置します。
続けてサワンナケートへ設置します。

マレーシアのCIMBグループ代表Seri Nazir Razak氏は支店のOPEN日はまだ未定
でラオスでの銀行ライセンスを取得申請中で取れ次第開設するとしています。
アセアン全域をカバーする目的でラオスを初めとしてインドシナ半島全体をカバー
していく計画であるとコメントしました。
ミャンマーには駐在事務所はあるものの銀行ライセンスはまだ取得していません。

また同じくクルタイ銀行(KTB)でもラオス・ビエンチャンへ支店を開設しています。
またベトナムへも進出する計画を出しています。
頭取のApisak Tantivorawong氏は今後もタイからラオスへ進出する金融機関は増加するとしています。

またミャンマーにもタイの金融機関として2番目に駐在事務所を設置しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。