タイ・ビバレッジ(THBVE)

タイ・ビバレッジでは28億Sドルを3つの金融機関より融資を受けたとしています。
これはシンガポールにある飲料・食品財閥のFraser & Neave(F&N)
社を株式22%買収するための資金とするとしています。
3銀行はHSBC銀行、スタンダードチャータード銀行、三井住友銀行に
なっています。
タイ・ビバレッジ社の100%子会社International Beverage Holdings Ltdが
直接融資を受けます。

F&N社はAsia Pacific Breweries(APB)の株式を大量保有していて
同社はハイネケンなどの有名ビールブランドを販売しています。

その後タイ・ビバレッジ(THBEV)ではF&N保有株式を買い増したとうわさが
広がっています。
F&N社の株式シェア数を拡大することは、発言権強化につながり、
なんとしてもアセアン域内のビール市場の拡大をしたいタイビバレッジには
負けられない争奪戦となります。

ライバルはオランダのハイネケン社。
ハイネケン社でもアセアンのビール市場には関心が高く、タイ・ビバレッジ(THBVE)
が、F&Nの約24%株式を保有してF&Nの最大株主となるほか、F&N社は
APB株式40%を保有しています。

また、タイ・ビバレッジを所有する富豪シリワタナパクディー氏グループ投資会社は、
APB株式7.3%の取得を提案しています。