タイ セントラルプラザホテル(CENTEL)

タイのセントラルグループの外食・ホテル部門を運営するセントラルプラザ
ホテルCentral Plaza Hotel(CENTEL)では第2四半期の業績を発表しています。
第2四半期の純利益では1億6400万バーツで前年同期比+285%増になっています。
売上では35億4000万バーツ、前年同期比+34.6%増になっています。

ホテル事業部門で+30.8%伸びたことが大きく、新規開業した5星ホテル、262室
保有するCentara Grand Beach Resort(プーケット)の貢献が大きかったと
しています。
また洪水後の観光旅行客の完全な回復もあり、既存ホテルでも宿泊の回復があった
としています。

ホテルの平均宿泊料金は3289バーツで
Centara Grand(セントラルワールド)
Centara Grand (セントラルプラザ・ラプラオ)などを中心に稼働率も伸びました。

外食産業では21億バーツ、前年同期比+36.2%増でした。

Ronnachit Mahattanapreut上級副社長は2012年上半期の
総売り上げは72億6000万バーツ、前年同期比+29.1%でした。
純利益では7億2900万バーツで、+64.4%の増加でした。