タイ アセアン経済共同体

2015年に誕生するアセアン経済共同体(AEC)では関税の自由化などで
大きなビジネスチャンスが生まれると”Thailand Investment Environment: Maximising the AEC Opportunities”
で解説されています。

新規ビジネスなどで進出する際に様々な障壁があったものが
撤廃される、緩和されるなどで競争力が上がることと、シェアが低下すること2点を挙げています。

世界銀行シニアエコノミストのKirida Bhaopichitr氏は
タイランドにおけるサービス分野のセクターにおけるタイ地場企業のシェアは下がるだろうと
予測しています。背景にはこれまでタイ企業は資本比率で守られていたためだとしています。

タイ貿易交渉局Trade Negotiations Departmentでは
今後アセアン域内からタイへの進出も始まるとしていてそれに対してタイ地場企業も
備えや準備をする必要があるとコメントしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。